ご利用上の注意

守っていただくこと

・使用者は、次のことを守っていただくとともに、利用者にも協力するよう、徹底させてください。
  ・入場人員は、施設の定員を超えないこと。(定員は消防法で定められております。)
           大ホール   1,200名
           小ホール     250名
           小会議室      16名
           和 室       各18名
  ・館内はすべて禁煙です。
  ・指定の場所以外で飲食、火気の使用をしないで下さい。
  ・許可を受けないで壁、柱等にはり紙や、釘打等はしないで下さい。
  ・許可を受けない施設の使用や、設備の移動をしないで下さい。
  ・設備、機器等の操作等については、会館職員の説明を受けて下さい。


使用許可書の提示等

・施設、設備等を使用する際は、事前に事務室へ使用許可書を提示して、会館職員の指示を受けてください。


使用者の管理責任

・施設の使用中は、必要に応じて整理員を置き、入場者の秩序と安全を保持して下さい。
・非常口、お手洗、公衆電話は、事前に承知して入場者に知らせて下さい。
・火気の取締りや、入場者の整理等は、使用者側の責任において行って下さい。
・病人やけが人が出たときは、早急に会館職員までお知らせ下さい。
・火災・盗難・その他事故により、使用者、入場者等及び出品搬入物等に損害が生じた場合は、

 当会館側に重大な過失がない限り、損害についての賠償は一切いたしません。
・貴重品等は利用者が責任をもって管理して下さい。なお、入場者による貴重品管理につきましては

 備付のコインロッカー(無料)のご利用を講じて下さい。 
 近年、館内における、遺失物が急増しておりますので、ご注意ください。
・駐車場は 約200台、歴史民俗資料館駐車場 約100台が利用できますが、必要に応じて駐車場に

 整理員を置き事故及びトラブル防止に努めて下さい。
 公道への路上駐車は行わないで下さい。


あとかたづけ・搬出撤去

・会館職員は、施設管理上、使用施設に立ち入ることがあります。


職員の立入り

・使用後に発生したゴミ(空弁当・空カン・ダンボールなど)については、その数量に関係なく、主催者が

 責任をもって持ち帰って下さい。
・会場設営に関する道具器材(看板・花鉢・舞台器具など)は、終演後すみやかに、許可時間内に

 撤去搬出して下さい。
・使用した備品・設備等は、原則としてすべて現状復帰となりますので、湯飲茶碗・急須・ポット・灰皿等も

 洗ってもとの場所にしまって下さい。
・使用後は、会館職員の点検を受けてから退館してください。
  (原状復帰といたします。)